原因を知ってると効果倍増!ふくらはぎが痩せる方法

ふくらはぎが痩せる方法を知る前に、原因を知ること

「スカートを履いたときに見えるふくらはぎが気になる」「細身のパンツを履いてもふくらはぎが目立つ」等、女性なら細くしたいと思うのが”ふくらはぎ”です。なかなか痩せずらいという話も聞きますが、結論から言うと、ふくらはぎが痩せる方法はあります。そもそも、ふくらはぎが太くなる原因は何なのかご存知ですか?考えられるのは大きく2つあります。

①むくみによって太くなる

これは誰しも経験があると思います。お仕事がデスクワークだとなおさら、帰宅時には足がパンパン!だったり、ずっと立ち仕事で歩くのがひどい!という方も多くいらっしゃると思います。その原因は”むくみ”です。まず、人間の身体は約60%の水分で構成されており、重力によってそれらが下に下がっていきます。上から下がってきた水分は足に溜まっていき、その結果が夕方に現れるむくみです。ふくらはぎが痩せる方法で一番撃退したいのが、このむくみです。むくみをとるためにはマッサージが効果的と言われていますが、主な方法は後ほどご紹介致します。

②歩き方や姿勢が悪くて太くなる

歩き方や姿勢が悪いために、ふくらはぎが太くなる。これはちょっと想像していませんでしたが、確かに、歩き方等によっては余計に筋肉を使いすぎてしまったり、逆に使わなかったりします。意識することは、ちゃんとかかとから足がおりているかどうかです。このことによって、ふくらはぎのきんにくが伸び縮みをし、むくみの予防も出来るそうです。

②は意識することで改善できますが、①に関して言いますと重力に逆らうことは不可能のため、諦めるしかない・・・と思われるかもしれませんが毎日ケアをすることで解消することも可能になります。心臓よりも足を高くすることが簡単な方法だと思います。寝る際に足元にクッションを置き、目覚めたら足を乗せる、このことでむくみが撃退でき、さらには血圧が緩やかに上昇するため起き上がりやすくなるという効果もあるそうです。もう一つの方法として、寝転がって足を高く上に上げることで腹筋やお尻のシェイプアップも出来るという、まさに一石二鳥の方法です。手軽な方法といえば、”かかと上げ下げ”です。これはいつ・どこででも出来るため、オススメです。やり方はシンプルで、「①まず両足をそろえて立ち、つま先を60度に開きます。ふくらはぎ同士をそのまま揃えて、つま先立ちになり5秒間キープします。②かかとをおろして、つま先を揃えます。つま先を揃えたまま、つま先立ちになり、5秒間キープします。」たったこれだけです。このストレッチを3回繰り返します。簡単なので長続きしやすいのも嬉しいですね。 他にも、リンパマッサージを行うことで固くなった筋肉をほぐし、柔らかくすることで毎日の血行をよくします。老廃物やセルライトを溜めないようにすることが大切です。方法として入浴時にマッサージすることで効果がありますし、精神のリラックス、ストレス解消効果もあるようです。基本的には足首から膝辺りまで優しくさすりあげて、もみほぐす形になります。色々やり方があるため、詳しくお知りになりたい方は一度調べてみるといいかもしれません。これらは長期的に毎日続けることで効果がありますので、途中でやめたりせず、ふくらはぎ痩せを目指して頑張って毎日続けていきましょう!